仕事

『天国ニョーボ』第1巻8月28日発売!

小学館のビッグコミックスペリオール誌で連載中の『天国ニョーボ』第1巻が8月28日に発売されます。


2013年の初めにニョーボが天国に行っちゃってからも、私は講談社のイブニング誌で『実在ゲキウマ地酒日記』を描き続けていました。
ニョーボが普通に現世にいることにしたまま。

しかし、それにはやはり精神的に無理がありました。
竹書房の『クッキングダンナ』の方は、ページのほとんどを料理の話が占めているので何とかなるのですが、地酒日記は、単行本の描き下ろし特別編でも触れましたが、描いている間に5件くらい、酒や食関連のイベント、飲み会などのお誘いを受け、そのたびに「今はちょっとスケジュールがタイト過ぎて……」などと言い訳せざるを得ず……意を決して1件、あるイベントに参加してみたところ……
その先は地酒日記2巻の描き下ろしマンガや『天国ニョーボ』1巻の中で描いていますので、ここでは省きます。

そこでいったん区切りをつけ、しばらくは悶々としていたのですが、その頃から何かが変化し始めました。
いろいろと不思議な兆候が起こり始めたのです。
そして、ついに、ニョーボの存在が……

あとは『天国ニョーボ』を読んでいただけたらと思います。
今、私ができる全ての表現をこの作品に込めています。
どうかよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

『よしえサンのクッキングダンナ』第2巻発売中!

『よしえサンのクッキングダンナ』第2巻が7月31日に刊行されました。

今回は酒のツマミに加えて、たくさん、スイーツ作りに挑戦しています。
また、ニョーボとの独身時代の話を描いた「ナレソメ」も特別に2話収録しています。
コラムや後書きもあります。

後書きでは、今もニョーボが存在していることに関して書いています。
それについての深い部分は、今月8月末に発売になる『天国ニョーボ』第1巻でとことん描いています。
ひとつどぞよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

『天国ニョーボ』ビッグコミックスペリオールで新連載開始!

最近、ネットでの発信はすっかりツイッターに移行してしまって、ブログの方はかなりご無沙汰してました。

今年、年賀状をもらって気づきました。
友人知人の中に『天国ニョーボ』新連載の情報を知らない人がけっこういる……。
「まだ充電中ですか?」とか書いてる友人もいたりして。

私の古い友人はほとんどが文系で、パソコンやインターネットを始めたのも遅くて、ブログを読むところまでは行き着いても、ツイッターはまだ取っつきにくいとか、そんな感じの人が多いようで。

というわけで、『天国ニョーボ』というマンガを去年の暮れからビッグコミックスペリオールで連載開始しました。
『実在ゲキウマ地酒日記』の続きという形になりますが、内容はだいぶ違ってくると思います。

料理もしますし、酒も飲みますが、毎回描くかどうかはわかりません。
それよりももっと人間の存在の根源に迫るようなマンガにしてみたいと思っています。

なにしろ、ニョーボが華麗に復活しております。
ぜひ一度お読みいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

『実在ゲキウマ地酒日記 地酒バカ一代編』発売中!

『実在ゲキウマ地酒日記』の1巻と2巻が、コンビニでも売られる廉価版の講談社KPCとして今年から再版されることになりました。

1巻は『実在ゲキウマ地酒日記 地酒バカ一代編』として1月7日に発売になってます。
アマゾンでも扱ってます。
このブログの左側にリンクを張ったアイコンをつけました。

2巻は『実在ゲキウマ地酒日記 帰ってきたヨッパライ編』として2月4日の発売です。
これもアマゾンで予約可能です。
皆様、ひとつどぞよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

必ず復活させます

ゲキウマ地酒日記1,2巻を出してから、再開に向けて支持して下さるメールをたくさんいただいています。
どのメールも心がこもっていて、大変元気をもらっています。


そんな中、今日、1通、さらにぐっと来るメールをいただいたので、思わずブログで紹介したくなりました。
以下、引用です。


****************
「実在ゲキウマ〜」の2巻を何気なくリビングに置いていたところ、
別に薦めてもいないし、須賀原先生の作品を読んだこともないのに、
小学3年になる子供が勝手に手に取って真剣に読んでいました。

最後まで読んだら、即座に、
「これ、何巻まで? 3巻は?」
と聞いてきました。
「……最後まで読んだんだよね?」
「うん」
「じゃあ……」
「だーかーら、最後で(よしえサン)戻ってきたじゃん。だから続きは? 続きあるでしょ!」
本当に、すごく自然な口調でした。
私もそれを聞いて、「ああ、戻ってきたもんね。続き読みたいね!」と
普通に返せました。

****************


絶対に再開しようと強く強く思いました。

本当にありがとうございます。


| | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いします

昨年は編集さんや出版関係の方々、私のマンガを読んでくれる読者の皆さん他、いろんな人に支えられてがんばり続けることができました。
おかげさまで、単行本の売れ行きは好調で、ニョーボが生き生きしている姿を多くの読者さんに見ていただけて、夫婦ともども喜んでおります。

去年お知らせしましたが、今年は2004年以来、久しぶりにモーニングで描けそうです。
読み切りですが、そのまま連載してくれと言われるくらいの面白いマンガを描きたいと思っています。
題材はすでに担当さんと打ち合わせてほぼ決まっています。
情報量が多いので、いかに読みやすく面白く描くか、今、脳ミソフル回転で考えています。

あと、まだ雑誌名は言えませんが、某マンガ誌から「何か連載を」という話が来ているので、そこではゲキウマ地酒日記の続きになるような作品を描けないかと模索しています。
100%連載確定という依頼ではないので、あくまで、面白くて売れそうなネームをきっちり提出できるかにかかっていますが、自分から持ち込み営業した場合よりは描ける可能性がずっと高いと思うので、担当さんが「おおっ」と驚くようなネームを描いて勝負します。

本当は、ニョーボが天国に行っちゃってから、もう精神的に仕事は無理かも、3年くらいは何もできないかも、なんて考えました。
でも、ニョーボに「マンガの中で生き続けたい」「子供たちをしっかりマンガで養っていって」と頼まれたので、必死に描き続けているうちに、なんとかエネルギーの持続ができそうになってきました。

読み切りや連載の話が来たのもニョーボの力だと思います。
ニョーボがくれた仕事なので、全身全霊を注ぎます。
私の残りの人生は、ニョーボの分身である子供たちのために全部使います。

これからも変わらぬ応援をいただければうれしいです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

| | トラックバック (0)

ゲキウマ地酒日記1.2巻、酒販店でネット通販してます

現在、『実在ゲキウマ地酒日記』1,2巻がリアル書店やネット書店で取り寄せ状態になっていて、リアル書店ではコミックスの注文を受けてくれないところが多かったり、ネット書店の注文でも2週間くらいかかったりしてしまうようです。

そこで、酒販店ですよw
今なら、マンガにも出てくる「うしし酒店」ことカネセ商店さんと、名古屋の酒販店、酒泉洞堀一さんで1,2巻がネット通販で買えます。
送料がかかりますが、おいしい地酒を買う時に一緒に注文していただければと思います。

どっちのお店も、私がマンガで紹介したような超ゲキウマ地酒がたくさんそろっております。

皆様、ひとつどぞよろしくお願いいたします。

カネセ商店

http://ameblo.jp/kaneseshouten/entry-11736098082.html

酒泉洞堀一

| | トラックバック (0)

『よしえサンのクッキングダンナ』晩ゴハンのおかず編12月7日発売

明後日、12月7日に『よしえサンのクッキングダンナ』〜晩ゴハンのおかず編〜(竹書房)が発売されます。

当初、1巻、2巻としていく予定でしたが、ちょうど次巻分が〜スイーツ編〜になりそうなので、こういう分け方になりました。

クッキングダンナは、地酒日記のように酒の描写にページを取っていない分、料理に凝ってます。
凝ってるといっても、素人のしょーもないこだわりも入ってたりしますが。

例えば、名古屋ではかなりの数の店がある「100円お好み焼き」
ニョーボとアユムと私の3人で、何軒もハシゴして食べ回り、ランク付けしたり、自分で100円お好み焼き作りに挑戦したりします。
原価がちょうど100円のお好み焼きを作るにはどうしたらいいか?
こんなことに悩んでしまい、最後はどうやって帳尻を合わせたか……?
詳しくはコミックスでお読み下さい。

他には、ニョーボと、開通したばかりの第2東名高速のサービスエリア巡りをして高速メシを食べまくり、自分なりの高速メシを作ってみようという試みも。


あと、柔らかいものばかり食べている現代の若者へのアンチテーゼとしての、歯ごたえのあるIQアップハンバーグなんてのも。
小さい頃から歯ごたえのあるものをよく噛んで食べていると脳が刺激されて頭が良くなる、という私の勝手な理論を体現しようとしたハンバーグです。
作り方はぜひコミックスで。 

他にもいろんなものを作ってます。
ニョーボが元気な頃の話が一杯詰まってます。
ニョーボへの思いなどを綴ったコラム、後書きも書き下ろしで載せました。
ぜひぜひ、どぞよろしく。

| | トラックバック (0)

『クッキングダンナ』第1巻表紙カバーデザイン

12月7日発売の『よしえサンのクッキングダンナ』第1巻の表紙デザインが上がってきました。

とてもイイ感じなので、ソッコーでOK出しました。
早くアマゾンなどの画像にも出てほしいものです。
お買い求めを予定されている読者さんは、ぜひ、ネットやお近くの書店などで予約していただけるとうれしいです。

Photo

| | トラックバック (0)

12月は2冊コミックスが出ます

12月7日に『よしえサンのクッキングダンナ』第1巻(竹書房)、12月20日に『実在ゲキウマ地酒日記』第2巻(講談社)が出ます。

例によって、まだアマゾンには表紙画像がアップされていませんのでタイトルのみですが、ブログの左側の「現在刊行中の作品」リストに加えましたので、予約・購入される方はここからポチッていただけるとありがたいです。

_kin


表紙のゲラはゲキウマ地酒日記の方が先に出来上がってきましたので、ここにアップしておきます。
クッキングダンナの方もゲラができてきたら追加します。

ゲキウマ地酒日記1巻同様、どちらの単行本にも描き下ろしコラムを載せます。
ゲキウマ地酒日記の方は、例の最終話のすぐ後に、6ページの描き下ろしマンガも載せます。
今日、ちょうどそのネームが通り、あとは作画して渡すだけです。

最終話があまりにも唐突で、多くの読者さんを驚かせ、暗澹たる気持ちにさせてしまったかもしれないと思い、最終話の捕捉として描きました。
最終回に至る心の経緯や、今後に繋がるような明るい可能性も込めて描いたつもりです。

クッキングダンナの方のコラムでは、闘病していた頃のニョーボについて、書ける範囲で書いてみようと思っています(って、もう〆切りが目の前なのですが)。
今は、あまり踏み込んで書くと、心が崩壊しそうになるので、どこまで書けるかわかりませんが、クッキングマンガなので料理に絡めて、楽しい思い出を綴れたらと思っています。

そうそう、先日、モーニング誌の編集さんから仕事の依頼が来ました。
掲載は来年になりますが、読み切り作品を1本描かせてもらえそうです。
モーニングは『うああ哲学事典』以来、超久しぶりなので、はりきっています。
あわよくば、アンケートで上位に食い込んで、続きを連載させたくなるような面白いマンガを描けたらなと目論んでおります。

ゲキウマ地酒日記1巻の重版分もそろそろ出来て、書店に並ぶと思います。
願わくば、これもあっと言う間に売り切れて再重版がかかりますように。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧