« 『うああ哲学事典』下巻分もパブーで配信開始。 | トップページ | 『うああ哲学事典』32〜35話をパブーにアップ »

サンデル教授の正義はロールズの正義か?

『うああ哲学事典』31話「ロールズ『正義』」をパブーにアップ。
http://p.booklog.jp/book/9032

これは今、時の人になっている哲学者サンデル教授の「ハーバード白熱教室」 で採り上げられたテーマだ。

「ハーバード白熱教室」は毎回ビデオに撮って、食い入るように観た。
「正義」をめぐって、「自由」と「共同体」がぶつかるところは私のマンガの内容ともろにかぶっていた。
一応私もロールズをそれなりに読めていたかなとホッとした。

テレビでのサンデル教授はけっして自分で答えを出さないように努めていたと思う。
代わりに学生達に徹底討論させ、最終的には「答えを求めることそのものが哲学」という感じでまとめていたと思う。

結局のところ、「自由」と「共同体」を、どう折り合いをつけるかがロールズの「正義論」の究極のテーマなのだと私は思う。
そのためには深く思考し、議論して互いの考え方を吟味しなければならない。

そこで彼があみ出したのが「無知のヴェール」なのだ。

話はちょっと飛ぶけども、私は鳩山総理が誕生したあたりでは、総理はこの「無知のヴェール」を理解できているのだと思っていた。
言葉を「友愛」と置き換えているだけで。

アメリカの民主党はロールズの政治哲学の影響を強く受けている。
日本の民主党を作った鳩山氏も、当然、ロールズを深く勉強しているのだろうと思っていた。
彼が「無知(友愛)のヴェール」をいかにして自分に、国民に羽織らせるのか、とても興味深く見ていた。

でも、彼はただの無知だった……。

「無知のヴェール」についてもマンガの中で詳しく説明しているので、興味のある方は10円出して読んで下さい。

|

« 『うああ哲学事典』下巻分もパブーで配信開始。 | トップページ | 『うああ哲学事典』32〜35話をパブーにアップ »

仕事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219457/49373891

この記事へのトラックバック一覧です: サンデル教授の正義はロールズの正義か?:

« 『うああ哲学事典』下巻分もパブーで配信開始。 | トップページ | 『うああ哲学事典』32〜35話をパブーにアップ »