« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月

宮崎牛は安全!どんどん味わうべき

宮崎で発生した口蹄疫の話題、マスコミ上ではなんとなく静かになった感があるが、現地の畜産農家や業界関係者はまだまだ全然深刻度ピークらしい。
あれ以来、問題のない肉でも宮崎産というだけで仕入れてもらえない、注文されないケースが多いとか。

以前、このブログでも紹介した南海グリルの「宮崎牛手造りハンバーグ」を送って下さった知人もかなり心配されている。

口蹄疫が人間にも移るのではないかという風評被害が完全に消えるにはまだまだかかりそうだ。
ニュースで何度も人間に移ることはないと説明されているが、とりあえず仕入れる方、買う方は他の地方産の肉に回避するのだろうか。

しかし、これは無意味どころか、あってはならない現象だと思う。
以前のブログに書いた通り、宮崎牛はうまい。
ハンバーグもメチャウマだった。
肉が持っている味の濃さが違う。
長年培ってきた技術がしっかり熟成されているのだろう。

この技術が、うまさが、風評被害で販売が減ることによって、この先損なわれていくようなことがあってはならない。
むしろ、消費者側は、こういう機会にこそ宮崎牛を扱うお店を選ぶなど、配慮するのが利口な行動だと思う。

また知人から新しい情報等が入ったら、ここに追記します。

| | トラックバック (0)

「遊穂」純米吟醸 無ろ過生原酒 山田錦美山錦55%

55

「遊穂」純米吟醸 無ろ過生原酒 山田錦美山錦55%(1.8ℓ 2,900円)を買ってきた。

例によって、部屋の中の暗がりに放置。

サッカーワールドカップの日本−デンマーク戦まで、必死に『実在ガキんちょ日記』のネタ出し。
先月あたりから投稿ネタも増え出して、メールだけでなく、封書で編集部宛てにけっこう届くようにもなり、どれを選ぼうかという贅沢な悩みも味わえるようになった。

たいてい、元ネタそのまんまだと私のテイストの4コマギャグとはちょっと違ってくるので、元ネタを損なわないようにしながら、私なりにアレンジしたり、オチをつけたりという作業を続ける。

まずまず、ネタもそろって気力も体力も限界になった頃にテレビをつけると、日本戦が始まる寸前だった。

西友で買ってきたメバチマグロ赤身の刺し身(切り落とし部分がけっこうたくさん盛ってあって299円)をツマミに、「遊穂」を飲み始める。

続きを読む "「遊穂」純米吟醸 無ろ過生原酒 山田錦美山錦55%"

| | トラックバック (0)

『羽生の一手詰』超オススメします!

『羽生の一手詰』を読んだ。

息子(小学6年生)のアユムくんに買ってやったものだが、彼が読み終えた後、私も読んだ。
買ってやってよかったと思った。
これは間違いなく脳にイイ!!

一手詰みなんか、あまりにも簡単すぎて退屈すると思いきや、これがまた、ちょうどよく脳ミソをひねらせてくれる。

1題だけ引用してみよう。
本の表紙カバーのうしろ側にも載っている1題だ。

1

続きを読む "『羽生の一手詰』超オススメします!"

| | トラックバック (0)

ツイッター2ヵ月ほどやってみての感想

ツイッターの使い方がイマイチよくわからん。
機能はだいたいわかったが、どう使うと一番気楽に楽しめるのかが、まだつかめていない感じ。

下手にフォローを増やすと、どんどん他人同士のチャットみたいなやり取りとか、テレビ観ながらの実況コメントなどが流れ込んでくる。

リストに分ければいいと最初は考えたが、「ホーム」で一括して読むのが私には一番楽だ。
リストは分け方も考えなくちゃならないし、わかりやすく分けようとすると、どんどんリストの数が増えてしまう。
ツイッター専用のソフトもあるんだろうけど、そこまでがんばってツイッターを使いこなそうという気力が出てこない。

今のところ、フォローし続けるのは、知り合いか、知り合いじゃないけど同業かそれに近い仕事の人で、かつ、あまりツイートが多過ぎない人だけにさせてもらっている。
したがって、いったんフォローさせてもらって、様子を見て外すということもある。
外しても別の方法で読ませていただくが(後述)。

続きを読む "ツイッター2ヵ月ほどやってみての感想"

| | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »