« 佐藤秀峰さんの質問コーナーへの疑問 | トップページ | 一色登希彦さんとのやり取り2回目 »

一色登希彦さんからご意見をいただいた

マンガ家の一色登希彦さんから、私の「佐藤秀峰さんの質問コーナーへの疑問」に対する意見「須賀原洋行さんのブログのご意見拝読しました。」が寄せられた。
(以下、引用部は青字。)

今回は、
「漫画onWebオープン間際まで(略)原稿を出展させていただこうと思い、(略)作業をしてたんだけど、今のままじゃ怖くてとても参加できないよ。」
と述べていらした点についてのみ、自分の立場と無関係ではなく思い、考えを述べさせていただきます。

「漫画onWeb」への出展をお考えだったということでしたら、出展されるかどうかのご判断は、佐藤さんへのご評価と切り離してお考えになると良いのではないでしょうか?

切り離してお考えにならないと、須賀原さんの行動原理は「佐藤さんが、自分の思う「漫画家の心根」を持たない限り、漫画onWebには出展することはできない」というものになると思います。
そして、お気付きなのではないかと思いますが、佐藤さんが、須賀原さんがお考えになるような仕事観を持たれるようになる可能性は、高いようには思えません。

それは、個人の考え方の問題です。
その問題と、「出展するかどうか」といういわば「職業人がどのような仕事の仕方を選ぶか」(あるいは「趣味人がどのような遊び場を選ぶか」)という問題は、論理の舞台が違うと思います。

基本的な部分で誤解があると思う。

私は佐藤さんの「漫画家の心根」だとか「仕事観」に問題があるとは思っていないし、ましてやそれを変えたいなどとも思っていない。
そもそも、それだったら、最初から出展自体、微塵も考えないだろう。

 
私が問題視したのは、ブログに書いた通り、「私怨から出版社に当てつけるだけの発言(や行動)」である。
編集者を無能扱いしているとしかとれない発言や、コミックスのカバーイラストの一件(一方的な「商品」論を展開して出版社を悪者にする)など、出版社・編集者側から見たら、そして出版社・編集者と良好な関係で仕事をしているマンガ家から見たら、とても傲慢で怒りを覚えるような言動を指している。

そういう言動をするな、と言っているのではない。
それは当人の自由である。

だが、もし、プロのマンガ家達にたくさん出展者として参加してほしいと希望しておられるのなら、そういう態度は明らかにマイナスである。

佐藤さんの上記のような言動に対し、怒りを覚えている編集者を私自身、何人か見知っている。
直にその話題で1時間くらい話したこともある。
彼らは佐藤さんが個人配信サイトを立ち上げたこと自体については何も怒っていない。
マンガ出版界に後ろ足で砂をかけるような言動が不快なのだ。

それで話題になり、ネットニュースなどが採り上げてサイトへのアクセスは増えるかもしれないが、それに利用される出版社・編集側はたまったもんじゃないだろう。

私は今、あちこちに持ち込み営業をしている立場である。
このご時世、仕事を取らないと生活がやばいとか、連載維持が危なくなっているマンガ家は多いと思う。
問題なく売れているマンガ家にしても、先行きは不安だろう。
多くのマンガ家にとって、出版社・編集者とのつながりは今後もとても大切だ。
彼らと感情的に敵対する関係になってしまっている佐藤さんのサイトにはとてもじゃないが簡単には参加できない。
下手に参加して、「お前もあいつの仲間か」とマンガ業界から干されちゃったらどうすんの?

今のままじゃ怖くてとても参加できないよ。と言ったのは、そういう理由である。
だから、その後で、やってることは意欲的、先駆的ですごいのだから、逆にその分、態度は十二分に謙虚であるべきではないだろうか。
そうすれば人望がついてきて、サイトはぐんぐん伸びるはずだ。
ともつけ加えている。
けっして「仕事観」そのものを批判しているわけではないのです。

どうでしょう。
誤解は解けましたでしょうか。

最後に、

最後になりますが、須賀原さんのエントリーを拝読していまして、以前より「漫画onWeb」にご興味をお持ちのようで、そのため、出展なさるのではないかな?と楽しみにしていたことを添えておきます。

ありがとうございます。

|

« 佐藤秀峰さんの質問コーナーへの疑問 | トップページ | 一色登希彦さんとのやり取り2回目 »

マンガ業界」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219457/48259447

この記事へのトラックバック一覧です: 一色登希彦さんからご意見をいただいた:

« 佐藤秀峰さんの質問コーナーへの疑問 | トップページ | 一色登希彦さんとのやり取り2回目 »