« 今月30日発売の「本ゆ」『よしえサン日記』で観劇体験をマンガにした | トップページ | 愛車を手放す時が来たか? »

ツイッターを始めてみた

最近、ツイッターを始めた。

でも、使い方がイマイチわからん。
特に、フォローしてくれる人に対してフォロー返しをした方がいいのかどうかで迷う。
今のところ、知り合いだったらすぐにフォロー返ししている。
あと、同業の人には興味があるのでフォローしてみたい。

「つぶやきサイト」という呼ばれ方をしているようだけど、機能を見るとコミュニケーションツールとして使うのに向いているような気もする。
掲示板のように大勢でいっぺんにコミュニケーションするのではなく、1対1のコミュニケーションが大量にできるタイプのツール。

当然、人によって使い方が変わるのだろう。
芸術家なんかは一方的につぶやくだけでいいと思う。
自分は誰もフォローせず、フォローされている数が何万とかの人。
横尾忠則さんなどがそうだ。

私の場合は偉そうなことをつぶやく身分でもないし、日々の日常は『よしえサン日記』で描いてるし、仕事や世間の出来事などに対する自分の考え方はこのブログで書いている。
だから、あんまりつぶやくことがない。
マンガやブログで書くほどでもないちょっとしたことをたまに書く程度だろうか。

愚痴はあんまり書きたくない。
愚痴って、たいてい誰かへの陰口っぽくなってしまうから。
特定の誰かへではなくても、何かへの不満はその何かに関わっている人達への陰口になりやすいし。
「人を呪わば穴二つ」とかいうけれど、本当だと思う。
誰かをへこまそうとすれば、その分、自分の墓穴も掘ってしまうのだ。

ツイッター、有効な使い方がよくわからないまま始めてしまったけど、そのうち慣れてくれば形になってくるのだろうか。

|

« 今月30日発売の「本ゆ」『よしえサン日記』で観劇体験をマンガにした | トップページ | 愛車を手放す時が来たか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターを始めてみた:

« 今月30日発売の「本ゆ」『よしえサン日記』で観劇体験をマンガにした | トップページ | 愛車を手放す時が来たか? »