« 有吉九段は絶対に引退か? | トップページ | いよいよ渡辺竜王対羽生名人の名人戦が観られるか? »

朝青龍は絶対引退しなきゃならなかったのか?

日本相撲協会と、マスコミと、大相撲通の識者(?)達が朝青龍を引退に追い込んじゃったけど、本当にこれでよかったんだろうか。

最後、数日ゴタゴタはしたけど、朝青龍がスパッと「けじめ」をつけてしまったもんで、協会理事や親方達、それにマスコミの人達もずいぶん後味が悪いんじゃなかろうか。

識者(?)の人達は相変わらず残酷なままだけどね。
もうちょっと「惻隠の情」があってもいいと思うけど。

そもそも朝青龍はああいうタイプだ。
気が荒いけどキップがいい。
コドモっぽいけど「強いアニキ」的な魅力もある。

土俵上のガッツポーズもマスコミや識者(?)達がバッシングするほど嫌味なものじゃないと思う。
会場で歓喜する観客達との一体感を感じさせる自然なもの。

だいたい、大相撲は神事から発しているとはいえ、実態的には魅せてなんぼ沸かせてなんぼの興業じゃないか。

連綿と続いてきたことによって文化的、宗教的価値を帯びた所作や決まりごと、全体が醸し出す様式美などはとても大切で、今後も絶対になくしてほしくないと思うが、土俵上の力士からほとばしるエネルギーまで削いでしまうような識者(?)達の茶々入れは正直うざかった。

日本人力士にも朝青龍のそれと似た魅力を感じさせる人がいた。
千代の富士や北の富士などがそうだ。

千代の富士は滅多に負けない横綱だったが、たまに負けると土俵上でごく軽い笑みを口元に浮かべて「チェッ…」って感じの子供みたいな悔しそうな仕草をした。
しかしそれはけっしてせこい感じではなく、本当に強い者が垣間見せる素の部分って感じで好感が持てた。

インタビューでの受け答えもキップが良くて、他の力士とは違う自由さがあった。
朝青龍の師匠、朝潮もそういう感じだった。

インタビュールームに来る力士達はみんなハアハア言ってるだけでまともにしゃべらない。
安芸乃島なんかほとんど放送事故のレベルだった(後に、実はよくしゃべる気のいいやつだったことがわかったが)。

千代の富士の師匠で元九重親方の北の富士もやたらキップが良くてケレン味たっぷりの力士だった。
将棋界で言えば米長邦雄みたいなタイプ。
まわしは黒が当たり前の時代にカラーまわしをつけ始めて協会の反発を受けたが、押し通してカラー解禁にしてしまったのが北の富士ではなかっただろうか(ネット検索してみたがそういう記録はなかったので記憶違いかもしれない)。

しかし彼らは例外であって、ほとんどの力士にとって親方と協会は「自分を平気でぶん殴り、問答無用で上から押さえつける怖い父親」的超自我(倫理我)存在として機能してきた。

たが、今や大相撲界は外国人力士でもっているようなものだ。
彼らは違う精神文化の中で育った。
というか、日本くらいのものだろう、個人の自我の露出を恥ずかしいものとする精神性の国は。
大陸系のアジア人や欧米人はあからさまに自己主張するし、人前でも平気で議論をする。

この手の外国人的自我をコントロールするのに、強引に日本的超自我をかぶせるのが大相撲界だ。
規格が合わないから、ズレが生じるのは当たり前。
直に接している親方達はすでにこれに気づいていて、接し方を工夫しているのだろうが、何かある度にマスコミや識者(?)達が「郷に入ったのにどうして郷に従わん?」式のバッシングを浴びせるので、じっくり関係性を模索する暇がない。

今回の「暴行事件」も、その一連の内容や細かいニュアンスまでしっかり精査した上で結論を出すべきだったと思う。
なにしろ、ついさっきの場所で優勝している現役バリバリの横綱なんだから。
そして、モンゴルでは大英雄なんだから。
日本人で言えば、イチローがいきなりメジャーリーグを追放されるようなものだ。

今や、マスコミや識者(?)達が相撲協会にとっての怖い怖い超自我なのかもしれない。

|

« 有吉九段は絶対に引退か? | トップページ | いよいよ渡辺竜王対羽生名人の名人戦が観られるか? »

時事ツッコミ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219457/47481292

この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍は絶対引退しなきゃならなかったのか?:

« 有吉九段は絶対に引退か? | トップページ | いよいよ渡辺竜王対羽生名人の名人戦が観られるか? »