« 近未来のマンガ界は都市?砂漠? | トップページ | マンガ家は〆切りがないと走れない »

たけくまメモに相変わらず疑問を感じた

たけくまメモの最新エントリー、「それでも出版社が「生き残る」としたら」
を読んだ。

どんな予測と論理構成で企業によるマンガ出版生き残りの可能性を論じるのだろうと興味深く読み進んでいったのだが、マンガ出版に関してというよりは、書籍の出版全体を視野に入れての、それも「出版責任」論だったので、ちょっと意外だった。

竹熊氏は「内容に対するクレーム対応(著作権侵害、猥褻関係、名誉毀損その他)などのリスク管理」 をかなり重要視しているようだ。

確かにそれに関するいろんな事例が過去にニュースで報じられてはいるが、報道されるから目立つだけであって、これから電子出版に移行し個人配信時代になったとして、それが主要な問題になると私は思えない。

それに、クレームというのは企業出版社が出版物を出しているからつくという性質もあると思う。
企業としての出版社が出す、全国の書店に並ぶような本や雑誌に、ある人やある団体にとって迷惑な記事や表現が載っていたような場合にクレームはつきやすいのであって、個人配信社会になった場合に一つ一つの著作物がターゲットになって同じような状況が生じるとは考えにくい。

もし、そうなら、現在のブログ乱立の状況下において、日本中が訴訟祭りになっているはずだ。

個人配信全盛の時代になってしまえば、表現の自由に伴う責任の問題は広く薄く分散してしまうのではないだろうか。

だから個人配信時代歓迎と言いたいのではない。
竹熊氏が言うような問題は個人配信世界においては比較的小さいことではないか、ということだ。

著作物におけるリスク管理について言うなら、著作権、版権関連の方が心配だ。
電子出版時代においては、著作者の「責任」よりも「権利」のリスク管理の方がよほど大変だと思う。
これこそ、企業出版社の力の見せ所だ。

電子出版時代になれば、作品がコピーされてどこかに貼られたり、ファイル交換ソフトなどでばらまかれたりするリスクが拡大するだろう。
それをいちいち著作者が個人で管理できるだろうか。
ネット上を常にチェックし、作者からいちいちクレームをつけたり交渉したり訴訟を起こしたりしていたら、とても作品を考える暇はないだろう。
絵を描く作業に大量の時間を取られるマンガ家ならなおさらだ。
全く仕事にならないと思う。
個人で弁護士やチェック作業員を雇えばものすごい出費だろう。
しかも、最終管理は自分がやらねばならない。

企業出版社があるのはダテではない。
法務部や版権部、ライツ管理部といった組織は電子出版時代において存在意義が劇的に増すのではないか。

また、アニメ化、映画化、グッズ化などの版権ビジネスでも大きな力を発揮するだろう。
企業との交渉、契約手続き等々、作家個人ではとても手に負えないことを出版社はこれまでやってきたし、今後はネット世界でもっと手広く、しかも複雑な作業を代行してくれるはずだ。

さらには、ネット上で電子雑誌を運営することによる宣伝力、掲載時の原稿料などなどを含めれば、電子単行本の印税が30%程度でもアマゾンの70%と十分つり合う、というか、アマゾンのシステムでは取り分は多いが自分で様々なことを整えねばならないわけで、とてもこれだけにマンガ家業を全て委ねる気には私個人はとてもなれないというのが正直なところ。

竹熊氏は、

今ある出版社は一度解体して、編集者や営業マンがそれぞれ小さな「編集会社」や「営業会社」を作り、それぞれ看板を掲げて著者を顧客とした出版サポート業を営む

これからは著者が編集者や営業マンを雇う時代になるかもしれない。

編集者は、弁護士や税理士のような役割になる

とおっしゃっているが、私は懐疑的だ。

なぜ、わざわざ今ある出版社を一度解体し規模縮小して、企業としての交渉力を小さくする必要があるのか。
なぜ、企業の編集者を個人事業主レベルにする必要があるのか。
私にはどうにも理解不能だ。

むしろ、ある程度売り上げに貢献したマンガ家を出版社の社員待遇にしてほしいよ(笑)。

|

« 近未来のマンガ界は都市?砂漠? | トップページ | マンガ家は〆切りがないと走れない »

マンガ業界」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たけくまメモに相変わらず疑問を感じた:

« 近未来のマンガ界は都市?砂漠? | トップページ | マンガ家は〆切りがないと走れない »