« 森永卓郎氏が無茶苦茶言ってる | トップページ | 「ズキュン12月号」投稿ネタ大募集! »

夫婦別姓制度を哲学する

夫婦別姓制度に反対だ。

理由は、子供が物心ついた時に、お父さんかお母さんのどちらかの姓になっているという状況に(子供の立場になって感情移入した場合)とても違和感を覚えるから。

子供はどんなふうに感じるのだろうか、想像してみた。

例えば、お父さんが田中、お母さんが鈴木で、子供は田中だとする。
その場合、子供は「ふ〜ん、そういうものなのかあ」と漠然と納得……

するだろうか?

たいていの子供は、まず最初に、「あ、ぼく、お父さん側なんだ」と思うんじゃないだろうか。
鈴木なら、「お母さん側なんだ」と。

中には、「えーーーっ?なんでお父さん(お母さん)側なの?どうしてお母さん(お父さん)側じゃないの?」と叫んで大泣きする子もいそうだ。

あるいは、どっちかの側になっていることがとてもいやな子とか。

「〜側」という日本語はまだ幼くて使えないかもしれない。
でも、それと同じニュアンスを心に抱くはずだ。
そして、どっちかの側になってしまっている自分に、とても偏った位置的感覚を持つはずだ。

日本が明確な父系社会、あるいは母系社会で、父親側(あるいは母親側)の姓になるのが当たり前の習慣があるのならいいだろう。
子供は徐々にその社会習慣に慣れていけばいい。

しかし、夫婦別姓制度の基本思想は個人主義だ。

男も女も対等な個人。
だから、どちらかの姓に統一する古き「家」制度はやめて、個人と個人がパートナシップを結ぶ対等な夫婦関係にするべき。
そういう考え方。

だが、「個人」というような考え方は、かなり成熟した大人でなければ本当の意味は理解できないし、責任を持って受け入れる覚悟を持つのは難しい、とても高度な思想なのだ。

それを、夫婦別姓制度は、小さな子供に強いるのだ。

「そっかあ、お父さんもお母さんもそれぞれ1人の個人で、自分の姓にアイデンティティ(自己同一性)を持ってて、だから別々の姓なんだ。ぼくはたまたま確率論的な次元でお父さん(お母さん)の姓になっているだけなんだ。よーし、ぼくはぼくで1人の個人として、たまたま与えられた姓を自分のものとして今後の人生を生きていこう」

なんて達観する幼稚園児・小学生がいるだろうか?

いるわけがない。

子供はお父さんとお母さんのいる「家庭」の中に生まれ、その関係性のなかに最初は埋没する感覚で参加し始めるのだ。

一番自然なのは、お父さんもお母さんも「○○」という姓で、自分もその中で生まれて「○○ケンタ」という氏名になった。
ぼくはお父さんとお母さんの子どもなんだ、という流れだろう。

それをぶっ壊すのが個人主義なのだ。

大人が大人の政治的な目的のために作った新興宗教的な、「個体を1つ1つ分断するための」思想が個人主義であり、まだとても社会的存在として「個人」たり得ない子供は、その思想に翻弄されるしかないのである。

 
じゃあ、夫の姓に妻が合わせる場合が大半の、従来の夫婦同性の常識を今後も維持していけるのかというと、それもまた疑問である。
もはやそれには限界が来ているので、夫婦別姓制度が国会を通りそうになっているのだろう。

しかし、夫婦別姓制度では不備があるであろう理由は既述してきた。

そこで私が提案したいのが「夫婦創姓制度」である。
実はこれ、夫婦別姓制度が最初に唱えられ始めた頃に、私は『気分は形而上』の中で「元木君」というキャラを使ってマンガに描いた憶えがある。(確認していないので、もしかしたら「榎田君」かも)

要するに、結婚したら、夫婦は統一した姓を2人で新しく作るのである。
2人の姓の一部ずつを足してもいいし、全く新しい姓を考えてもいい。
あるいは、どちらかの姓をそのまま使ってもいい。

戸籍は当然、結婚するたびに完全に新しく作ることになり、どっちの家系にも入らない。
みんな、結婚と同時に初代だ。
子供ができれば暫定的に二代目だが、子供が結婚すればまた新しい姓を創姓する。

簡単に言えば、個人主義に対抗して考え出した「家庭主義」である。
両親と子供からなる「家庭」。
これを社会の最小構成単位とする考え方。

個人主義は、最小構成単位が「個人」だ。

でも、「個人」単体じゃ、実は生きられないのだ。
みんな、誰かと関係して、その存在が確立し、保たれる。

無人島に、産まれたばかりの赤ん坊がポイと置かれて、自力だけで生き延びられるだろうか。
まず、100%死ぬだろう。

私達は仮に1人で生計を立て、一人暮らしをしていても、誰かが作った食材や食べ物を食べ、誰かが作った服を着て、誰かが舗装した道路を歩くのだ。

人のほとんどは他者の存在との関係の中でしか生きられないのだ。

「個人主義」はその当たり前の原理を根底から無視している。

本当は「関係」こそが原理なのに、関係を構成する要素に過ぎない「個人」を原理にしてしまっているのだ。

しかし、「個人」なんて、数学上の「点」に過ぎないのだ。
概念上はあり得るが、それだけだと誰にも見えないのだ。

少なくとも、点と点が結ばれて「線」(1次元)にならないと形にならない。
いや、線も概念上の産物か。

点と点と点が結ばれて三角形(2次元)になり、さらに高さが加わって立体(3次元)となり、さらにさらに時間による変化が加わって4次元にならないと、何一つ語れないのではないだろうか。

そこまで行けば、単なる数学的抽象概念を超えて、我々が生きている生の現実社会の有り様とリンクしてくるだろう。

私に言わせれば、夫婦別姓制度などというものは、0次元の「点」を崇拝する新興宗教を強引に現実社会に押しつけようとしている虚像的正義にしか見えない。

最初はただの「点」に過ぎない1人の男と女が関係して「線」となり、子供ができて「面」になる。
三者三様の個性が絡み合って奥行きを生み、立体となる。
立体は静止してはおらず、時間とともに変化し、成長する。
時間的変化を伴った3次元空間、すなわち4次元。
これが「家庭」である。

そこまで哲学的に考えられたなら、今度の夫婦別姓制度などは薄っぺらくて提出することすらためらうはずだ。
せめて、子どもを含めた2次元程度までには進化させてから、国会に出してほしいものだ。

|

« 森永卓郎氏が無茶苦茶言ってる | トップページ | 「ズキュン12月号」投稿ネタ大募集! »

時事ツッコミ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219457/46398368

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦別姓制度を哲学する:

» 夫婦別姓に関するシステマティックな考察 [書庫の彷徨人 -Wandering Hard Hard Diary -]
マンガ家Sのブログ 夫婦別姓制度を哲学する を読んで考える。 夫婦別姓には、ぼく [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 13時46分

« 森永卓郎氏が無茶苦茶言ってる | トップページ | 「ズキュン12月号」投稿ネタ大募集! »