« マンガは偏見の温床? | トップページ | カバーイラスト入稿 »

気味の悪い「じんけん教」

どうも、いろいろ検索して調べてみたら、吉村氏自体にけっこう問題があることがわかってきた。
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080826/edc0808260809004-n1.htm
なんで、こんな思想の持ち主が「マンガ学」部の准教授をやっていられるのだろう?
全然、学問になってないじゃないか。これじゃ、「じんけん教」の布教活動だ。

「人権」思想って、絶対の真理ではない。「人権」というのは、現代社会が作り出した道具だ。
「人権」は信仰するものではなく、社会を安定的に営むために使う方便だ。
お互いの「人権」を認め合うことによって、各自が生きやすくなる、そういう便利な道具として我々が使っているに過ぎない。

けっして、特定の団体とかが錦の御旗のように振りかざして人に押しつけられるようなものではない。ましてや、それで、マンガ表現という日本が生み出した優れた英知をいささかでも制限できるようなものではない。

おかしな思想の市民団体と、おかしな思想の新聞社と、おかしな思想のエセ学者が結託して、マンガ表現という類い稀なる英知を誹謗中傷し弾圧しようとしているとしか思えない。

|

« マンガは偏見の温床? | トップページ | カバーイラスト入稿 »

時事ツッコミ」カテゴリの記事